CHECK

新築のような外観にしたい!外壁リフォームの希望者が参考にできる情報を紹介

このサイトでは外壁リフォームを真剣に検討している方を想定して、今後のアクションで活用できる基礎知識を数多くのコンテンツで御紹介しています。新築当時は見栄えの良かった外観も、紫外線や風雨などの影響で経年劣化は免れません。そのまま放置すれば見た目が悪くなるばかりか、建物の基礎構造にまで悪影響を与えるリスクも否定できないためリフォームが必要です。だいたい相場はどれほどの金額になるのか、使用される塗料の種類も気になります。

新築のような外観にしたい!外壁リフォームの希望者が参考にできる情報を紹介

新築してから外壁リフォームするまでの目安は、概ね10-15年とされています。
期間に幅があるのは外壁の素材や周囲の気候、日当たりの強さなど色々な要素を踏まえると、個体差があるからです。
塗料は顔料と溶剤・添加材から原材料は構成されていますが、特に溶剤や添加材は経年劣化の影響を受けて、顔料がむきだしになりがちです。

外壁に触れてみて粉がついたり、こまかいひび割れなどが目に付くようになるのは、外壁リフォームの有力な目安になります。

外壁リフォームが必要になるタイミング

建物の外壁は、太陽光や風雨にさらされ続けるので劣化が止まりません。

建て始めたときから徐々に劣化が始まり、適切なメンテナンスをしていなければ数年でボロボロになります。

適切なメンテナンスをしていても、築後10年を過ぎると劣化が目立ち始めるので、定期的に大規模な外壁リフォームをしましょう。

一般的に外壁リフォームをするタイミングは、10年前後から15年です。

外壁塗料で使われる一般的な塗料の耐久年数は10年から15年程度に設定されているので、それを一つの目安にすると良いでしょう。

また外壁にあらわれるさまざまな異常も、タイミングを見極めるポイントの一つです。

ひび割れが生じるクラックは、1mm以上の大きさになると雨水や虫が内部に侵入してしまいます。

サイディング外壁なら、ボードの反り返りも外壁リフォームを検討するサインです。

基本的に10年から15年周期で、致命的なダメージを与える異常を発見したときにも外壁リフォームを考えましょう。

外壁リフォームの依頼先を効率よく探す方法

外壁リフォームの依頼先は、ダラダラと探していては時間がかかります。

スピーディーに探すためには、効率を意識しなければいけません。

外壁リフォームの依頼先を効率的に探すために、必ず活用したいのが一括査定サイトです。

外壁リフォームの料金は、同じ施工内容でも業者で金額が変わります。

少しでも安くしたいと思うのは当然なので、見積もりをとって比較をしなければいけません。

見積もりをとるときに、複数の業者に電話で問い合わせ料金を聞いていたら、いつまで経っても決めることができないでしょう。

しかし一括査定サイトを利用することで、わずか数分で複数の業者から見積もりをとることができます。

一括査定で取り寄せた見積もりを比較すれば、最安値で外壁リフォームができる業者は見つかるでしょう。

もちろん料金だけでは決められず、技術力や評判などもネットで調べながら検討すれば、優良業者が見つかります。

スピーディーに決めるために、一括査定サイトを積極的に使ってください。

外壁リフォームの相談時に確認する内容

外壁リフォームを相談する時にはまず、建物の状態を確認したうえで、どういった工事が必要になるか、費用はいくらくらいかチェックすることが大事ではないでしょうか。
工事の内容が決まらないことには、外壁リフォームに必要な資材も確定しないので、見積もりを依頼しても提示されるのは概算くらいです。
しっかりと正式な見積もりをしてもらう為には、現地調査が必要不可欠ですから、調査を行う日程を話し合って決めることが必要です。
現地調査をしてもらったら今度は具体的な外壁リフォームの話し合いで、塗料の選定や仕上げの希望などを決めていくことになります。
塗料などが決まったら次は工事の計画で、詳細を詰めて最終的な契約に至ります。
相談時に伝えるべきはやはり希望で、どこに不満を抱いているのかどうしてもらいたいかを詳しく、分かりやすく伝えることです。
外壁リフォームは作業の内容にもよりますが、塗料や壁材などで仕上がりや印象が決まりますから、不満が残らないように依頼することが重要ではないでしょうか。

外壁リフォームの申込から着工までの流れ

外壁リフォームは外壁部分の補習や塗装や新調などを行い、住まいの印象を変えたり家全体を守る為のメンテナンスです。
適切なタイミングでの施工が重要で家の美観の保持や、長持ちの為に早め早めに行っておく必要があります。
外壁リフォームの申込から着工までの流れを事前に掴んでおき、スムーズに施工が終わるようにしておきたい所です。
まずは信頼出来る業者を見つけて、現地調査で家の現状をチェックしてもらうことがスタート地点です。
家の外観の状況を診断してもらい見積もりを作成して、必要な施工内容について話し合い納得すれば申込を行います。
依頼した工程の打ち合わせの説明や注意する点を聞いて、何か要望があればこの時点で業者へ伝えておきます。
その後業者によるご近所へのご挨拶で、施工内容や注意点などの説明を行ってもらい工程表に基づいて着工の流れです。
施工の着工をしてからは仮設足場工事や、下地の調整を行ってから塗装の施工へと移ります。

外壁リフォームの高所作業に使用する足場

外壁リフォームに欠かせないといえば高圧洗浄ですが、その前に足場を組み立てることが重要なのではないでしょうか。
外壁リフォームの現場の定番といえるのが高所作業に使用される足場で、作業者が乗ったり道具を置くのに用いられます。
高所作業は足場が作業効率を大きく左右しますから、設置をしない理由がありませんし、ましてや手を抜くなど考えられないです。
外壁リフォームでは足場の設置に数日を掛けることもあるので、それだけ重要で軽視できないものということが分かります。
現場ではハンマー1本で組み立てから解体までできるタイプや、移動が可能で上下に昇降できるタイプなどが用いられます。
前者は固定ですが、熟練の職人が効率良く短期間で組み立てられるのがメリットです。
一方、後者は全面的ではなく部分的な外壁リフォームにおいて、組み立てに要する時間を節約できるのがメリットだと思われます。
いずれにしても足元を疎かにすることはあり得ませんし、例え平屋であっても重要性は変わらないのではないでしょうか。

外壁リフォームで実施するシーリングとは

住宅等の外壁は風雨や紫外線に直接さらされることで経年劣化するため、美観や機能を保つためには定期的なリフォームが必要となります。
外壁リフォームにはさまざまな工程がありますが、その中でも重要なものの1つがシーリングです。
これは「シール」と同じ語源の言葉で、封じる、穴をふさぐなどの意味を持ちます。
外壁リフォームにおいては、主に建材と建材の隙間を埋める作業のことをいいます。
サイディングボードやタイルなど、一般的な外壁材はブロック状またはパネル状になっていて、それを1枚1枚貼り付けていくため、部材と部材の間に継ぎ目ができます。
これを目地といいますが、この目地を樹脂などで埋める作業がシーリングです。
隙間を密封することで、雨水などが壁の内側に侵入するのを防ぎます。
また、樹脂製の充填剤は乾いてもある程度弾力があるので、壁材が温度変化によって多少変形してもそのずれを吸収し、ひび割れなどが起きにくいようにしてくれます。

水漏れ防止に欠かせない外壁リフォームのコーキング

外壁のリフォームに関しては、ただ見た目の良さを改善して綺麗な状態に仕上げることだけが目的ではなく、水漏れ防止を強化して様々なトラブルを改善できるようにしていくことがとても大切になってきます。
また、それを可能にしてくれるのがコーキングの存在になるので、今回は外壁リフォームを行う上で大切にしたい要素について詳しく紹介していきます。
まず、外壁リフォームにおいてコーキングがどのような役割をはたしてくれるのかと言うと、対象となる建物に施すことで気密性や防水性を上げることができるようになり、隙間を目地材などで充填することで、外部から水やホコリなどが入り込まないように仕上げることが可能になります。
時々シーリングと間違えている方がいますが、シーリングは密閉する、または蓋をするために使用することが多いのに対し、詰め物をして綺麗に見えるように整えていくのが良さでもあるのです。
とくにサイディングボード同士の隙間に使用することが多いので、外壁リフォームの依頼をするのであればぜひ依頼してみてください。

外壁リフォームの完了までに要する期間

外壁リフォームをするに際して、どのくらいの期間がかかるのかは外壁塗装等をするに際して知りたい情報の一つと言えます。
そこで、どれくらいの日程が必要なのかについて以下述べて行きます。
結論から言いますと、外壁リフォームは7日から10日間かかるというのが一般的です。
もっとも。
雨が降りやすくて湿気が多い梅雨の時期などの場合には、1ヶ月以上かかってしまうこともあります。
作業中ずっと晴れていて天候に恵まれていたとしても最低7日間の日程が普通です。
これ以上短い日程で済む工事を提案する業者は必要な工程を飛ばしている可能性もあるので注意が必要です。
外壁リフォームの手順としては、近隣への挨拶回りや工事の準備から始まり、仮設足場の設置・飛散防止シート張り・高圧洗浄を行います。
続いて下地処理・養生を行い、やっと塗装作業にたどりつきます。
その後、点検・見直しを行い、片づけや足場の撤去を行って完成となります。
リフォーム期間を短くするには、作業員の人数を増やしてもらうか、雨が降りにくく乾燥している季節に時期を変更するといいでしょう。

近隣の景観を考慮した外壁リフォーム

外壁リフォームを行うときは、近隣の景観をしっかりチェックすることも大切です。
自分の住まいだけを対象にして考えてしまうと、とてもアンバランスに見えるようになりかねません。
たとえば少し派手にしたいと思い、外壁を黄色にしたとします。
このとき両隣の家が黒系だと、自分の家だけ浮かび上がったような外観になるでしょう。
通行人からは驚きの目で見られ、両隣からも自分の家が暗く見えるなど、苦情が出るかもしれません。
反対の場合も同様で、両隣に比べて暗いカラーリングだと、埋没しているような印象を与えてしまいます。
これは両隣に限った話ではなく、街全体に関しても言えることです。
街並みに合わない色を選択すると、異物のようなイメージをもたれる傾向があります。
自分の好きな色を選びたくなる気持ちは分かりますが、それよりもバランスや調和を重視した方が安心です。
自分本位になるのではなく、外壁リフォームを共存というキーワードに結びつけて考えましょう。

外壁リフォームで人気があるレンガ調の仕上げ

外壁リフォームといえばシンプルで目立たない仕上げが人気のイメージですが、実はレンガ調が人気を集めているといえるのではないでしょうか。
レンガ調の良いところはやはり雰囲気が出ることで、更にいえば耐久性などの点においても優れている点が挙げられます。
雰囲気が良くなる外壁リフォームは、その建物だけでなく近隣や地域にも影響を与えるので、エリア全体が好ましい雰囲気になります。
またお気に入りであれば何度見ても飽きませんし、次の外壁リフォームまで愛着を感じ続けることができるはずです。
見た目の良さに加えて熱や光、水分などにも強く、長持ちする魅力も合わせ持つので、実は合理的な建材だといえそうです。
塗装と違ってレンガは退色しにくいですから、施工から何年経過しても、施工当初の魅力的な状態が続きます。
外壁リフォームは少なくとも10年単位で行うものなので、10年後を見据えて長持ちする、理想的な方法を選択するのがベストではないでしょうか。

外壁リフォームによる住宅の長寿命化

外壁リフォームは文字通り外壁を改修するのが目的ですから、定期的に行えば住宅そのものの長寿命化になるのではないでしょうか。
傷んだ外壁は見た目が良くないですし、何より雨水が浸入する恐れがあるので、住宅の評価はかなり下ることになります。
一方、外壁リフォームをした住宅は見た目もそうですが、防水性なども高い状態が維持されるので、住宅評価が下がるどころかむしろ上がることも考えられます。
しっかり外壁リフォームができている場合は、雨水による建物の劣化の恐れが最小限になりますから、壁内にカビが生えたりシロアリが発生するといったリスクが避けられます。
目に見えないところで増殖するカビは健康リスクを考えても怖いですし、シロアリは一度発生してしまうと大変です。
外壁リフォームは屋根や水回りと同様に、建物の長寿命化に必要不可欠ですから、コストは確かに掛かりますが、必要かつ重要なものと考えて早めに検討を始めるのが正解ではないでしょうか。

外壁リフォームで使用される工具や機器

外壁リフォームとは建物の外側の壁の改修工事のことです。
外壁は建物の顔とも言われ、美観を保つだけでなく、機能的にも重要な役割を果たしています。
外壁には様々な種類があり、それに応じた使用や工具、機器が必要です。
外壁の種類にはコンクリートや石材、タイル、木材などがあります。
それぞれの素材には耐久性や防水性、保温性などの特性があり、それに応じてリフォームの方法や使用する材料も異なってきます。
外壁リフォームにはさまざまな工具が必要です。
塗装作業ではペイントブラシやローラー、スプレーガンなどが必要です。
壁面を削ったり、クリーニングする場合にはエアーコンプレッサーや高圧洗浄機が必要になることもあります。
さらに機器も重要な役割を果たします。
例えば断熱材を吹き付ける際には専用の断熱材スプレーマシンが必要です。
壁面にコーティングする場合には、特殊な塗料を塗るためのスプレーマシンやローラーが必要になることもあります。

外壁リフォームに自分の希望を反映させるコツ

こんなはずではなかった、という失敗を防ぐためにも、外壁リフォームを行なう際にはしっかりと希望を反映させることが大切です。
そのためにもまずは具体的なイメージを作り上げておくようにしましょう。
抽象的なプランでは担当者にもなかなか頭に描く理想像が伝わりませんので、第三者でも完成図がしっかりと把握できるよう、明確な考えをまとめ上げておく必要があります。
インターネットやカタログなどで探した外壁リフォーム事例や写真などを準備しておくことによってもイメージは伝わりやすくなりますので、あらかじめ情報収集をしておくのも良いでしょう。
希望を叶えてくれるリフォーム業者に相談をするのもポイントです。
外壁リフォームを手掛ける業者は数多く存在しますが、それぞれで得意分野やセンス、施工事例などが異なります。
不得意な業者に相談をしてもなかなか理想的な外壁を作ってもらうことはできませんので、自身の理想に近いセンスを持つ業者を選ぶ心掛けが必要不可欠です。

外壁リフォームの前に行う清掃作業の重要性

外壁リフォームといえば塗料の塗り替えなどが中心ですが、その前に行う清掃作業もまた重要ではないでしょうか。
清掃作業の重要性については、塗料の密着性や耐久性といえば誰でも容易に想像がつくと思われます。
仮にもし清掃が不十分な状態で外壁リフォームを始めると、塗料がしっかりと密着せず経時的に浮いてきます。
これは空気や雨水の浸入を許すことになり、更に浮いた塗料が剥がれる結果に至ります。
外壁リフォームには保護の意味がありますが、保護機能が働かないとしたら本末転倒です。
また、清掃をしないと作業効率にも影響しますし、何より細かなひび割れなどが隠れてしまうので、必要な修繕ができなくなります。
ひび割れを残したまま外壁リフォームをしても、改善する耐久性には限界がありますし、長い目で見るとやはり信頼性が低くて不安が残ります。
大切なのは1つ1つの工程を手を抜かずに行うこと、下地作りとその準備にも時間を掛けたり、次の工程に繋がる作業を済ませることではないでしょうか。

外壁リフォームに関する情報サイト
外壁リフォーム

このサイトでは外壁リフォームを真剣に検討している方を想定して、今後のアクションで活用できる基礎知識を数多くのコンテンツで御紹介しています。新築当時は見栄えの良かった外観も、紫外線や風雨などの影響で経年劣化は免れません。そのまま放置すれば見た目が悪くなるばかりか、建物の基礎構造にまで悪影響を与えるリスクも否定できないためリフォームが必要です。だいたい相場はどれほどの金額になるのか、使用される塗料の種類も気になります。

Search